御朱印の旅で外せないのが、「巡礼」です。

最も有名なのは、四国八十八か所。他にも、西国や坂東、秩父など、全国にはたくさんの巡礼があります。

でも、一度にたくさんのお寺を周るのは、なかなか難しいですよね。

そこでおすすめなのが、鎌倉五山巡りです。


その名の通り、鎌倉にある5つのお寺を巡るのですが、1日で周れるので初めての方にもおすすめです。

ステキな鎌倉の町並みを楽しみながらお参りができますし、何より集め終わった後の達成感も味わえますよ。

今回はそんな鎌倉五山巡りを、周った順に5回に渡ってご案内します。

まずは、出発地点である北鎌倉駅に最も近い円覚寺から、スタートです。





Sponsored Links

円覚寺の御朱印



御朱印代 300円

通常の御朱印は、入り口の御朱印授与所でいただけます。

この他にも境内の佛日庵で3種類の御朱印がいただけるのに加え、期間限定でもらえる御朱印もあります。

詳細は円覚寺さんへご確認下さい。

拝観料:300円
佛日庵まで行く場合は、別途100円。

御参拝時間 8:00~16:30(12月~2月は16:00まで)
御朱印の授与時間 参拝時間と同じ

正式名:瑞鹿山円覚寺
弘安5年(1282)に鎌倉幕府8代執権・北条時宗が元寇の戦没者追悼のため、中国僧・無学祖元を招いて創建されました。

Sponsored Links

円覚寺へのアクセス方法


【電車の場合】
JR横須賀線「北鎌倉駅」より徒歩1分
【車の場合】
駐車場あり(有料)



Sponsored Links

円覚寺へ


今回の鎌倉五山巡りは、北鎌倉駅からスタートします。

鎌倉方面に向かう電車に乗ると、改札は一番前のみ。線路を渡らずに駅を出れば、既にそこは鎌倉五山第二位のお寺である、円覚寺の境内だったりします。

臨済宗円覚寺派の総本山でもある円覚寺の敷地は広大で、線路を挟んだ反対側にある白鷺池も境内地です。



線路に沿って少しだけ鎌倉方面に進むと、左手に総門が見えてきました。椛がとても印象的な山門で、紅葉の時期を中心に大変混雑する美しいスポットです。
階段を上ると、すぐに受付があります。



こちらで拝観料を納めました。鎌倉のお寺は拝観料がかかるところが多いので、御朱印代・お賽銭と合わせて、小銭をたくさん用意しておくのがおすすめです。

受付から進むと、正面にはゆるやかな坂道と階段があります。おすすめは、右手にある階段。こちらを進むと、山門の目の前に出ます。



山門は江戸時代に再建されたものですが、扁額は創建された鎌倉時代に作られた伏見上皇の手によるもの。

建物は幾度もの火災で焼失したものの、額だけは守りぬかれたという歴史が感じられますね。

また、こちらの「山門」は「三門」とも書きます。

ここをくぐると煩悩を取り払って、解脱(空・無相・無願、の三つの解脱があるので、三門だそうです)の世界である仏殿に導いてくれるのだそうです。

そう思うと、くぐる時の気持ちが、何となく引き締まります。


三門の先には、仏殿が見えます。


仏殿は、御本尊である宝冠釈迦如来が安置されているところです。

早速、「解脱」の心で、お参りをしました。

円覚寺は鎌倉時代、元寇による戦没者を弔うために、時の執権であった北条時宗が建立しました。

父・北条時頼が建立した鎌倉五山の第一位である建長寺と並ぶ、鎌倉最大級の寺院です。広大な敷地内には、約30もの伽藍があります。

創建当時は総門から法堂、方丈までが一直線に並ぶ禅宗様伽藍配置で作られていましたが、幾多の災害により、現在は法堂が失われています。


仏殿でお参りを済ませると、少し境内を散策しました。仏殿の左手には、修行僧の坐禅道場である選仏場(せんぶつじょう)や、在家の修行者が坐禅をする居士林(こじりん)があります。


選仏場は江戸時代の建物をそのまま移築した茅葺屋根の建物で、とても時代が感じられます。

居士林は椛の間から覗く門の佇まいが美しく、総門と同じく人気の紅葉スポットです。土曜日には初心者でも参加できる坐禅会が開催されているので、鎌倉らしい体験がしたい時にはおすすめです。

続いて、仏殿奥にある方丈へ。


方丈とは、本来は住職が居住するための建物ですが、現在では法要や講演会などに使われています。

方丈の中に入って裏へ回ると、妙香池を中心とした美しい庭園を見ることができます。

この他、円覚寺にはお釈迦様の歯を祀った国宝の舎利殿や、500円でお抹茶がいただける佛日庵、関東最大の洪鐘など、たくさんの見どころがあります。

しかし、今回の目的は五山巡り。境内をじっくり回ると、半日程かかってしまいます。ので、今回は方丈までで引き返しました。


最後に、拝観料を納めた受付の横で、御朱印をいただきました。無事に1つめの御朱印をGET!したところで、次は浄智寺へ向かいます。

さいごに


禅寺の凛とした空気が感じられる、とても清々しいお寺でした。

特に新緑や紅葉の季節は境内の木々も美しく、天気の良い朝に、ゆっくりと過ごしてみたいな~と思いました。

土曜の坐禅会にも挑戦してみたいですね。

境内がとにかく広いので、歩きやすい靴を履いて散策するのがおすすめです。

ORION

おすすめ旅行予約サイト♬

神社仏閣や御朱印集めに便利な旅行サイトを集めてみました。

旅行サイト集

飛行機やJRなどの交通と宿泊と一緒に取ったほうがお得なことが多いです。

各旅行会社の様々なお得な旅行プランや宿泊と交通のセットがあります。

見ているだけでも楽しいですよね。

ツアー利用でラクして旅行を楽しんで下さい^^

Sponsored Links