北野天満宮前の交差点から北野天満宮の参道に入り、しばらく行くと左手に東向観音寺(ひがしむかいかんのんじ)があります。

北野天満宮に着いたときは気が付かなかったのですが、参拝後の帰りに見つけました。

はじめは北野天満宮の一部なのかな?と思いながら入ってみると東向観音寺と言うお寺でした。




そして、うかがってみると東向観音寺にも、御朱印があるとのことで頂いてきました。







Sponsored Links

東向観音寺の御朱印



初穂料 300円

御朱印は、通常の御朱印と「洛陽三十三所観音」の御朱印があり、本堂の右側にある御守り授与所で貰うことができます。

誰もいない場合は、呼び鈴があります。

御参拝時間 9:00~16:30




東向観音寺は、小さいながらも歴史を感じるたたずまいでした。
写真を撮り忘れてしまったことが残念です^^;


続いて、簡単に東向観音寺の見どころをご紹介致します。

Sponsored Links

本堂と礼堂


現在の本堂は、1607年(慶長12年)に豊臣秀頼によって再建されたもの。

入母屋造(いりもやづくり)・本瓦葺(ほんがわらぶき)の本堂と、1694年(元禄7年)建立の礼堂を繋ぎ、権現造り(ごんげんづくり)のようにしています。

Sponsored Links

ご本尊「十一面観世音菩薩」


ご本尊の「十一面観世音菩薩」は菅原道真作と伝えられ、25年に一度の御年祭の年だけ御開帳される秘仏となっています。

次の御開帳は、1125年祭の平成39年(2027年)だそうです。まだまだですね。


白衣観音堂


ご本尊の「高王白衣観世音菩薩」は、1655年(明暦元年)に中国の明から寄進された観音像。

一般的な白衣観音像とはちがい、子どもを抱いているのが特徴で、古くから子宝、安産の信仰を集めています。

東向観音寺の御由緒


東向観音寺は真言宗泉涌寺派のお寺です。

HPでは、北野東向観音寺となっています。

寺の歴史は古く、平安時代初期、806年(延暦25年)に、桓武天皇の勅願によって、藤原小黒麻呂(ふじわら の おぐろまろ)らが建立した「朝日寺」を前身としています。

菅原道真が幼い頃に勉学に励んだ場所とも伝えられ、北野天満宮建立後の961年(応和元年)に、筑紫の観世音寺(福岡県太宰府市)から道真作の「十一面観世音菩薩」を請来し、ご本尊としています。

鎌倉末期には、花園・後醍醐・光厳(こうごん)・光明の四天皇の信仰深い、筑紫の観世音寺を擬し、観世音寺(観音寺)と改称。

以後、南北朝の各天皇や足利尊氏らの帰依をうけ、北野天満宮の神宮寺(神社に付属した寺)、北野天満宮奥の院として栄えました。

江戸時代になると、五摂家のひとつで公家の「一條家」の祈願所となり、一條家出身の明治天皇の皇后「昭憲皇太后」は、結婚前にこの寺で勉学に励まれたそうです。
 

アクセス方法


【住所】京都市上京区今小路通御前通西入上る観音寺門前町863

【電車&バスの場合】

  • JR京都駅より市バス50・101系統
  • JR/地下鉄二条駅より市バス55系統
  • 地下鉄今出川駅より市バス51・102・203系統 ※それぞれ「北野天満宮前」下車徒歩約2分


まとめ


最後に東向観音寺について簡単にまとめてみました。
 
  • 北野天満宮から徒歩約2分のところにある
  • 洛陽三十三所観音霊場 第三十一番札所
  • 足利尊氏や天皇の帰依をうけ、北野天満宮の神宮寺として繁栄
  • 菅原道真作の秘仏であるご本尊は2027年に御開帳
  • 現在の本堂は豊臣秀頼によって再建されたもの
  • 境内の白衣観音堂は子宝祈願スポット


個人的には菅原道真作の秘仏を見てみたいので、2027年の御開帳の時を忘れないようにしようと思ってます。




おすすめ旅行予約サイト♬

神社仏閣や御朱印集めに便利な旅行サイトを集めてみました。

旅行サイト集

飛行機やJRなどの交通と宿泊と一緒に取ったほうがお得なことが多いです。

各旅行会社の様々なお得な旅行プランや宿泊と交通のセットがあります。

見ているだけでも楽しいですよね。

ツアー利用でラクして旅行を楽しんで下さい^^

Sponsored Links